【オカルト異世界系】少し前にあった不思議な話

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 17:51:55 ID:izi4/Smz0

立ったら書く


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 17:52:39 ID:izi4/Smz0

お、立ったみたいだ
今から書いてこうと思う
書き溜めは無し


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 17:55:14 ID:izi4/Smz0

今年の初め、もっと詳しく言うと1月9日にそれが起きた
当時は仕事で疲れてて食って寝て仕事して帰ってのループみたいな毎日を過ごしてた


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 17:56:09 ID:LQNmCCjD0

おう


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 17:58:45 ID:izi4/Smz0

その日も同じように過ごして家帰って、少し早かったけど寝ることにしたんだ
んでこの不思議な体験ってのは夢の中の出来事
眠りがガキの頃から浅かった俺はよくリアルな夢ってのを見ることがあった
明晰夢と呼ぶのを知ってからは余計に頻度が多かった気がする


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:01:21 ID:izi4/Smz0

その日の夢はなんていうか気分が悪かった
建物がグシャグシャとかそういうのじゃなくてとにかく気分が悪い
なんだか嫌な気持ちだった俺はとりあえず夢の中を楽しもうと思った
こういっちゃなんだが厨房の頃から夢の中で女の子を嘗め回すような変態だったから
今日もそれをしようと思ったわけだ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:04:01 ID:izi4/Smz0

だけど歩けど歩けど人っぽいのが誰も居ない
仕方が無いので夢の中特有の超能力みたいな感じで一人野球してた
文にすると一人で投げて瞬間移動でバッターボックス行って打って自分でキャッチしてみたいなこと


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:07:29 ID:izi4/Smz0

6アウトくらい取った頃に視界の端に動くのが見えた
そん時の俺はおほー!と声上げて一人野球中断
動くものに向かって全力疾走したわけだ
距離は結構離れてたんだけどなぜか普通に走ってそっち行ってた


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:10:16 ID:izi4/Smz0

その動いてたのに近づいたら男の子だった
その男の子は俺が近づいてきたら大声出して逃げてった
俺もわけわからず追いかける
50mも走らない内に追いついて声をかけた


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:14:45 ID:izi4/Smz0

「なになに?俺なんかした?」
その捕まえた子供はバタバタと暴れててこっちの話を聞いてくれなくて困ったんだ
暫くしたらその子も落ち着いたみたいで暴れるのはやめてくれた
そん時はどうせ夢だしとりあえずお母さんポジションを犯そうと思って案内してもらおうと思ってた


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:17:00 ID:izi4/Smz0

案内を頼むと首を振る子供
困ったな、今まで夢の中ではそういうことばっかしてたから完全に手持ち無沙汰になってしまった
起きるまで何すっかなーとか考えてたらその子供に「ゲームしようよ」って持ちかけられた


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:21:22 ID:izi4/Smz0

結構ゲーム好きだった俺は他に人も居ないしエロいこと出来ないしいいかーなんて考えてその誘いに乗った
どんなゲームするのかわからなくて聞いてみたらポケットからトランプ
「大貧民しよう」なんて言われた
二人でやるトランプとかくそだわーなんて思ってたけど渋々承諾
初戦で普通に負けた
っていうかこっちの札があまりに平凡過ぎて何もできなかった


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:25:54 ID:izi4/Smz0

大貧民って次戦からは1位と最下位とかでカードの交換をするんだけどこれがネックに
こっちは強いカード出すのに向こうはローカルルールでも殆ど役に立たない7とか
当然負けに負けて負けまくったし何回負けたかもわからないくらい負けた
そもそも二人での大貧民なんてマジクソゲーだとか思ってた記憶がある
いい加減夢から覚めないかなとか思ってたらその子供が
「早く夢から覚めないかなって思ってる?」なんて笑顔で言ってきた


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:28:33 ID:izi4/Smz0

もう俺混乱。そしてその子供が言うには勝つまで帰さない
もうガムシャラだった、なんであんな気持ちになったのかもわからん
その後何回も負けてやっとこさ一勝を上げることができた
多分手加減されたんだと思う
向こうはいくらでも返せる手札持ってたし


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:32:40 ID:izi4/Smz0

「約束したもんね、またね」なんて笑顔で言う男の子が怖かった
気付いたら真っ暗で背中の感触はベッドの上
もう飛び起きて急いでベッドから飛び降りた
ノドがからからだと思って冷蔵庫に行こうと思ってハッとした
自分の部屋じゃない


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:36:32 ID:izi4/Smz0

手元に明かりなんて無くて明かりは窓から見える月だけ
とりあえず窓から外を見たら駐車場とかが見えた
なんか見覚えのある風景だと思ってやっとここが病院だってことに気付いた
手元に携帯とか何もないしでベッド備え付けのナースコールで連絡をとった
だけど一向に反応がなくてまさかまだ夢から覚めてないのかと思った俺は慌てて壁伝いに廊下に出る


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:40:14 ID:izi4/Smz0

廊下に出たら非常用通路の明かりが見えたからそれを目安に壁の手すり伝い
非常用通路の明かりについて左側を見たら部屋の明かりっぽいのが
ナースステーションだと思った俺はもうそこに向かって全力疾走
到着してみたら案の定ナースステーション
窓叩いて「誰かいませんかー」とか言ってた


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:44:23 ID:izi4/Smz0

奥のほうから出てきた看護師さんがこっち見た時に顔が引きつった
「あけてくださーい」って窓をコンコンしてたんだけど今思えばちょっとうるさかったのかもしれない
扉から出てきた看護師さんが「○○(俺と全然違う名前)さん何してるんですか!」
俺はわけわかんなくて「え、俺は△ですけど?」って返したら
看護師さんいきなり血相変えて電話しはじめた


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:48:26 ID:izi4/Smz0

リラックスルーム?とかいうところでその看護師さんと二人で待つことになってそこに案内された
↓みたいな会話した
「○○さん、意識ははっきりとしてるんですね?」
「だから俺は△ですって」
「今貴方の担当医が来ますので少し安静にしていてください」
「喉渇いたんで水欲しいんですけど」
「少し我慢してください」
んで俺の話はまるで聞いてもらえず待つことに
しばらくしたらその担当医って人がきた


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:50:07 ID:Ll9xdM050

みてるぞー


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:53:04 ID:izi4/Smz0

「○○さーん私がわかりますかー?」
「わかんないですし俺は△ですって」
「あぁ・・・なるほど・・・」
「だいたいそこの看護師さんもこっちの話聞いてくれないしなんなんですか」
「だいぶ混乱してるみたいですねぇ」
「あんたらに混乱してるわ、まさかまだ夢の中なんじゃないんだろうな」
そうやってまくし立ててたら看護師さんがコーヒー持ってきてくれたから飲み干した
なんかコーヒー飲んだらすごい落ち着いてとりあえず向こうの話を聞こうと言う気になった


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 18:59:52 ID:izi4/Smz0

>>20
ありがと
自分の文章力がわけわからん上に俺もわけわからんから基地外の文に見えるかもしれないけど許して

医者が言うには
「貴方は△ではなくて○○である」
「1月10日の深夜に意識不明で搬送されてきた」
「長期間(その起きた日は7月27日)昏睡状態にあった」
「毎日のように親御さんが来て心配している」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:02:24 ID:89RCpM630

はよ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:02:48 ID:izi4/Smz0

覚えてるのはこのくらいで自分もとりあえず↓を説明してみた
「俺は○○じゃなくて△、住所は〜〜、生年月日は〜〜」
「1月9日仕事を終えて家で寝ていた」

特に住所と生年月日は何回も言った
夢の中で大貧民をふっかけられたことも話した
医者は俺の言ったことをメモしていたけどどこまで通じたかは知らない


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:05:00 ID:AmkuuyJ+0

みてるぞ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:08:10 ID:izi4/Smz0

こっちのことを話終わって深夜だからとりあえず今日は寝ることを薦められて病室に案内された
その病室のネームプレートもペンライト借りて見たら「△ ケイスケ」じゃなくて○○ ユウキ」ってなってた
補足しとくとケイスケは俺の本名、なのにユウキになってた
もう混乱してその日は恐怖もあって全然寝付けなかった


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:15:00 ID:izi4/Smz0

朝、太陽の光で一気に暑くなってあっちぃなぁなんて思ってたら病室の扉がいきなり開いた
俺マジびっくりしてビクゥってなってた
んで入ってきたのが眼鏡かけた痩せたおっさんとそこら辺に居そうなおばさんと若い姉ちゃん
おっさん俺の顔見て顔がぐしゃりって感じ、いきなり抱きつかれておっさん大泣き俺困惑
俺は「え、誰?」って聞いたらおっさん余計に大泣き俺おばさんにビンタされる
もう何起きたかわかんないけどイラッってなっておっさん引き剥がしてベッドから降りた


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:16:01 ID:izi4/Smz0

わかんないけど× わからなくなって○


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:22:17 ID:izi4/Smz0

で遅れて晩に話した医者登場
「ユウキさん、親御さんの顔、わかりますか?」
「わかんないです」
その瞬間おばさん号泣、おっさんと一緒に泣く
「そのせいでさっき叩かれました」
なんて報告してたら姉ちゃんに
「本当?本当にわかんないの?冗談でしょ?」とか聞かれた
なんで俺が異常者扱いされてんだよと内心ムカーとしてたら医者が
「ユウキさんは今昏睡状態から起きたので混乱が見られます」
とか説明してやがんの
「俺は正常です。少なくとも○○ではありませんしこの人たちを知りません」
って俺が思ってることを言ってやったのね


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:30:51 ID:izi4/Smz0

もう大混乱。おっさんは嗚咽しながらYシャツ涙で汚してるしおばさんはあわあわ言ってる
姉ちゃんだけは俺のことを「なんでこんな時うそつくの!」とか罵倒してた
もう俺もなんで俺が言われてるんだよってプッツン。それでとりあえず離れることに
医者からも「記憶の混乱がおきているので暫く安静にしていましょう」とか言われて寝かしつけられ
納得いかなくてウロウロしてると4歳くらいの女の子に「きゃー!ゾンビがうごいてるー!」とか言われてた


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:35:39 ID:41XkCT+G0

ほう
見てるぞ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:37:05 ID:izi4/Smz0

その日の夜、朝の姉ちゃんの嘘つき呼ばわりとか子供のゾンビ呼ばわりとか頭の中でグルグルしててもうだめだった
日中に看護師に「半年動いてなかったのにリハビリ無しでこれだけ動けるなんて」
とか言われてたのを思い出して院内ウロウロしてた
で入り口のエントランスホールに行って自動ドアに手をかざしたら開いたのよ
俺キャッホーイなんて言って駐車場に向かって走る
そんとき何も考えてなかったけどやっぱりあれもまだ夢の中だったんだと思う
いきなり耳の中で紙を破ったみたいな音がしてすっころんだ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:42:55 ID:izi4/Smz0

音にするならビリビリリリィイみたいな
で起き上がったらいつの間にか昼だったそん時の俺混乱
昼間だから入り口近くにタクシー止まってたり入り口のガラスの向こうじゃ普通に人が動き回ってる
もうわけわかんなくてそっから逃げ出した
すぐ近くにある大きな国道を南に走ってた
走る度に頭で紙を破くような音
我慢して走り続けたらすげー気持ち悪くなって吐いた
そこまでは覚えてる


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:44:39 ID:sAtfjP8c0

期待


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:47:50 ID:izi4/Smz0

で、また気が付いたら真っ暗でベッドの上
俺気が狂ったくらい叫んでベッドから降りてすげー暴れた
もう真っ暗な中手当たりしだい泣きながら腕振り回してた
腕が物に当たって何か落ちる音とか真っ暗な方向からドン!ドン!みたいな音がするしで
もう俺も一杯一杯。泣きながら「もうやだゆるして」とか叫んでた
そん時ピンポーンなんて間抜けな音がして我に返った


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:48:50 ID:voqCH0iu0

期待


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:54:45 ID:izi4/Smz0

聞き覚えのある音でハッて我に返るって本当にあるんだなと思った
このピンポーンって音が自分の住んでた借家のインターホンの音だった
なぜか一気に冷静になってとりあえず出なきゃなんて思い照明のある辺りを手探りで探し当てた
明かりが付くとなんてことはない、かなりオタク趣味の入った自分の部屋
さっき暴れたせいですげー散らかってたけど
玄関から覗き窓で外見たら右側に住んでる日ごろよく話してた大学生のあんちゃんだった
もうすげー安心して涙出てきて部屋の鍵を開けたらいきなり開けられてビックリして俺尻餅ついた


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 19:58:23 ID:gyI6K/vm0

つづけたまえ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:00:21 ID:izi4/Smz0

「ケイスケさん夜中大声出すのマジ勘弁してください」
その言葉聞いたらそん時本当涙止まらなかった
「すっげーうるさくて寝てたの起こされたんすけど?」
起き上がって手握って
「そうだよな!俺は△だよな!ケイスケだよな!」って何度も確認した
相手が引きつった顔で「何頭おかしなこと言ってんすか?仕事で気でも狂ったんです?」って言われてもう安堵
一気に腰の力抜けてその場にへたり込んだら「もう本当勘弁してくださいね」って言われて頷いてたら大学生は帰った


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:09:05 ID:gyI6K/vm0

そのころユウキさんは・・・


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:09:40 ID:izi4/Smz0

で、その安堵した日ってのが1月10日の午前中、しかも日が昇る前
俺は全然寝てなくてあれは全部頭の中だったってことに気付いてからとりあえず上司に電話した
「もしもし?」
「あの、△なんですけど」
「△〜お前今何時やとおもっとんねん!」
「あ、すいません、そのちょっと、今日休ませてもらいたいんですけど」
ここら辺で俺が涙声だったのを眠い中悟ったのか
「なんやww女にでも振られたからいっちょ前に傷心しとんのかww」
とか笑いながら言ってきた
「あ、いや、少し、そんな感じで、手が付きそうにないです」
「そ、お前おらんでもなんとかなるからええわ、OKOK」
って感じで許しもらえたからその日は精神科言ってあったこと全部話した
そしたら統合失調症って認定されて未だにカウンセリング続けてる


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:12:33 ID:izi4/Smz0

当時は記憶には鮮明に残ってるけどもう何がなんやらで自分も精神病認定くらったみたいに落ち込んだから
あんま書き込む気になれなかった
オチなんかは特にないんだけど結局あれって夢の中の出来事だったのかなって思って書き込んだ
自分に起きた不思議な出来事だった


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:14:38 ID:gyI6K/vm0

ふうむ。予想外の結末。
>>1 乙。大変だったな。


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:17:38 ID:izi4/Smz0

一応頑張って書いたつもりだったけど読み返すと何がなにやらだなこれ
簡潔に書くと

寝る

夢の中で二人大貧民

負けまくってやっと勝つ

起きたら病院で季節は夏

俺は俺じゃなくてユウキさんらしい

怖くなって逃げる

起きたら戻ってた

うん、さっぱりわけわからんな


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:22:29 ID:izi4/Smz0

読み返せば読み返すほど自分の文章力の無さにびっくりした
なんかこれってどういうこと?とか質問あったら答えようと思う


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:22:34 ID:gyI6K/vm0

いや、起きてると思ったら夢の中だったってことじゃないの?


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:23:22 ID:LQNmCCjD0

明晰夢がいきすぎたんじゃないの


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:23:40 ID:ik+CnH3k0

まぁ文章は気にするな

今は落ち着いてるのか?


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:28:14 ID:izi4/Smz0

>>47
>>48
たぶんそう
今まであんなことなかったからビックリして動転してただけなのかもしれない

>>49
落ち着いてると思ってる
月一でカウンセリングは継続してる


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:26:12 ID:3XxJjU0pO

記憶と時間が飛んでるのか


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:30:50 ID:izi4/Smz0

>>50
俺の知らないユウキさんに一時的になりかわってた?
俺はケイスケだし目が覚めてからもケイスケ


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:29:25 ID:3XxJjU0pO

上司以外と連絡取った?


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:30:47 ID:ocDo7cmc0

一応専門家だが、その医者の言うとおり統合失調症でまず間違いないな
お大事に


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:33:34 ID:izi4/Smz0

>>52
病院行く前に所属課の課長とも連絡とって会社にも連絡は入れた
次の日出社したら上司が「こいつフラれよったらしくて傷心みたいやで〜ww」とか言ってた

>>53
みたいだね
診断書を渡されたとき「俺も糖質認定されちゃったか・・・」ってなった


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:31:06 ID:ubGlLWrm0

たまにあるらしいよ
こういうこと


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:37:43 ID:3XxJjU0pO

>>54
ユウキさんにはなってないよ。ユウキさんの記憶にお邪魔したって感じ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:45:46 ID:izi4/Smz0

なんか書いてみたらそんな大したことでもないような気がしてきたw
こんな意味分からんのを見てくれてありがとう
なんかすげースッキリしたわ
明日からも仕事頑張ってくる!


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:45:48 ID:gMO+eGJg0

そのユウキさんの住所とか病院は覚えてないのか


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19 20:49:23 ID:izi4/Smz0

最後に答えておくわ

>>59
俺が言ったのは俺の住所でユウキさんの住所は聞いてないんだ
病院は俺の実家から車で10分くらいの大きな病院にかなり似てた
昔交通事故やらかした時そこで入院した記憶があるし今でも改装はされてなかったと思う


posted by クマ速 at 09:00 | Comment(0) | オカルト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。