霊能力がある、おばちゃんの話【その2】

8iIlP23d.jpeg

続きです。



AD
本職You Tuberだけど質問ある?

32: 名も無き被検体774号+ 2014/01/17 21:17:04 ID:/KS+wqM80

はよ続き


65: 名も無き被検体774号+ 2014/01/17 21:40:31 ID:/soq9Asm0

面白い


128: 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:8) 2014/01/18 01:06:19 ID:XYNiHop30

>>127
大変だったな。


146: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:31:02 ID:XYNiHop30

こんにちは、投下始めます。

いろいろな人が読んでくれているみたいだ。ありがとう。
否定的な意見もあるけど、それはそれで構わない。
だって2chだから。


147: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:32:07 ID:XYNiHop30

ギックリ腰の再発、それもかなりひどい。
時間は昼食を食べた1時過ぎ位。
あと2時間位しかない。

妻は心配そうに見ている。「大丈夫?」


148: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:33:18 ID:XYNiHop30

俺はそのまま声も出せず四つんばいになりながら、
隣の部屋の寝室へ、ベッドまで這いつくばって3時まで寝ることにした。


149: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:35:39 ID:XYNiHop30

2時半頃、目が覚めた。とても体が重い。
それでも立ち上がることは出来そうだ。
どうする?行くか、あるいは次回にしてもらうか?

そして待ち合わせの時間になった。
悩んだあげく、俺はベッドから起きあがり一緒に行くことにした。


150: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:36:21 ID:XYNiHop30

本当なら俺一人キャンセルして、妻だけ行ってもらっても良かったんだ。
けど、今回は俺の意志で行こうと思った。

・・・そう、必ず行かなきゃって思ったんだ。


151: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:37:14 ID:XYNiHop30

待ち合わせ場所へは嫁さんが運転してくれた。
俺は助手席にシートを倒して横になってた。


152: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:39:02 ID:XYNiHop30

その家に着いて、時間になってチャイムを鳴らした。
知人の人が出てきた。
挨拶して中に入り、広い客間に通された。

大きな体の女性がテーブルに座っていた。


153: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:40:55 ID:XYNiHop30

「こんにちは。今日はよろしくお願いします。」
二人で丸山先生に挨拶した。
「はじめまして。こちらこそよろしくお願いします」
丸山先生も挨拶をしてくれた。

そして一瞬だけど、俺の腰の部分を見ていた。
腰を痛めていることに気づいたのかな。
まあ足を引きづるような足取りで部屋の中に入ってきたからな。


154: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:41:34 ID:XYNiHop30

テーブルに座り、テーブル越しに丸山先生。
こちらに我々2人が座って話しを始めた。

まあ今回は嫁さんのほうがメインだったから、どんどん話をはじめた。


155: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:42:14 ID:XYNiHop30

今回なかなか時間が合わなくてお会いすることができなかったこと。
自分が手術したこと。不妊治療中だったのに、自分の体を傷つけてしまったこと。
これからどうなるのかということ。
そんなことを一方的に機関銃のように話始めた。


156: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:43:18 ID:XYNiHop30

よっぽど相談事が溜まっていたらしい。
ワンワンと泣きながら話していた・・・・。


157: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:45:56 ID:XYNiHop30

嫁さんが話しているあいだ、ずっと丸山のおばちゃんはうんうんと相槌を打ってた。
そうだよねえ、大変だったんだよねえと。

そして一旦落ち着いたら、体も健康になって回復してきていますよ。
それに今回病院も変更したことは大正解でした。
だから今のあなたがあるのですよ。


158: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:46:37 ID:XYNiHop30

と色々と励ましてくれた。

1時間位話して、時間オーバーだったけど更に嫁さんにパワーを入れてくれていた。
丁度背中の首の下位にずっと手をかざしながら・・・。


159: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:47:13 ID:XYNiHop30

「これからだんだん、体も良くなってきますからね」
そういいながら励ましながらパワーを入れてくれていた。


160: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:49:09 ID:XYNiHop30

俺は嫁さんが落ち着くのを眺めながら、背中の壁によりかかっていた。
そのあいだ、ずっと黙ったまま。


161: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:50:18 ID:XYNiHop30

そろそろ終わりだな、時間だしもう帰るかな。
帰る前に少しだけ俺のギックリ腰の整体をしてくれないかな。

そんなことを思っていた。


162: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:51:47 ID:XYNiHop30

嫁さんが落ち突き出して、
「あなたも見てもらったら。その腰にパワー入れてもらって・・・。
実はうちの主人、ギックリ腰なんです。」


163: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:53:11 ID:XYNiHop30

すると丸山のおばちゃんが、
「はい、実は今回来てもらったのは奥さんのことももちろんありましたけど、
ダンナさんを見るためなんです。」と話し始めた。


164: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:54:33 ID:XYNiHop30

俺「えっ、俺?」
先生「ええ、そうです」
俺「ギックリ腰を先生に直してもらう為にですか。」


165: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:55:36 ID:XYNiHop30

先生「うんその腰を直すため。実はいるんだよね女の子が、腰につかまっているのよ」


166: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:57:39 ID:XYNiHop30

それで一瞬、ある人物像が思い浮かんだ。

俺がこう質問した。
「髪はおさげで、日本人形のような女の子で昔の服を着ている女の子ですか。大体4歳から6歳くらい。」
先生はこくんと頷いた。


167: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 14:59:46 ID:XYNiHop30

ここで、ちょっとゴメン。
書き溜めているんだけど、出かける用事があってここで中断します。
今夜には続きを書いていきます。それじゃあ。


172: 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:8) 2014/01/18 18:34:23 ID:XYNiHop30

>>170
お前はその知り合いを助けようとしたのか。あるいは助けられなかったのか?


180: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:08:33 ID:XYNiHop30

俺「ああ、実は数年前ある場所に出張に出かけた際にある違和感を覚えたんですよ。
それでその日の夜、夢の中で女の子が天井から現れてユックリと近づきながら俺のところにきて、
ぶつかると思ったら急に左に動き出して、背後に回ったんですよ。
それもニターと笑ったままで。
後ろに消えたからそれ以降のことはわからないし、そんな夢なんですけど今も何故か覚えているんですよ」


181: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:09:44 ID:XYNiHop30

先生「うん、その女の子、昔の話なんだけど川が増水して流されちゃったんだよね。
それもお父さんと一緒に流されちゃったの。
その女の子は死んでからも今までずっとお父さんを探していたんだけど、
お父さんに似ているあなたを見つけてしまったのよ。
それでおんぶしても怒られないだろうと思って・・・、
だってご主人優しそうだから。」


183: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:10:36 ID:XYNiHop30

ここで妻が割り込んできた
妻「どうしてそんな大切なことを話さなかったのよ」
俺「だって、霊が憑いているなんて信じる話じゃないだろう。
それも夢の中で出てきた女の子だぜ。」
妻「・・・・」


185: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:11:24 ID:XYNiHop30

先生が話の続きをする。
「ぎっくり腰になりやすくなったのは、
あなたの体調などが原因じゃなくて、
その女の子が原因だったのよ」


187: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:13:53 ID:XYNiHop30

俺「ああ、そうだったんですか。そういうことだったんですか」

全てがつながった。


188: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:14:27 ID:XYNiHop30

「じゃあ、早速失礼して除霊しますね。
ご主人、うつぶせになって下さい。背中を治療しますね。」


189: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:15:42 ID:XYNiHop30

さっそく横になって、先生の治療が始まった。
手を背中全体に触れながらゆっくりマッサージするように揉んでくれる。
除霊って祈祷とかすると思ったら違うんだね。
たぶん先生の心のなかで女の子と話ししているんだろう。
もう、あの世に行きなさいって。


190: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:17:06 ID:XYNiHop30

おばちゃんの手が触れたところが、もの凄くあたたかいことがわかる。
イメージとしてはホッカイロを置かれたような暖かさだ。


191: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:17:39 ID:XYNiHop30

俺「除霊って祈祷とかすると思ってました」
マッサージされながら質問してみた。
先生「そうですね、そういう先生もいらっしゃいますけど、私は心で除霊しますので。」


192: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:18:49 ID:XYNiHop30

俺「ところで先生、女の子はまた戻ってくることはありませんか?」
先生「大丈夫ですよご主人。あなたに蓋をしたのでもう女の子は来ないです」

蓋ってなんだろう。どんな蓋なんだろう。いまさらだけど聞くのを忘れてしまった。


193: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:19:53 ID:XYNiHop30

俺「ところで先日、ぎっくり腰がひどくて整体に行ったんですけど、どういうわけか道に迷ったんですよ」
先生「うん、だって今日のことがあったから。」


194: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:20:52 ID:XYNiHop30

俺「じゃー、今日直前にぎっくり腰が再発して動けなくなったことも?」
先生「ここに来て欲しくなかったんだよ。だってご主人の背中、居心地よかったから・・。」

俺「・・・・」


195: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:22:42 ID:XYNiHop30

除霊をしてもらっているあいだ、心の中ではその女の子になつかれたことに有難いような、
女の子が去っていくことが嬉しいような、寂しいようなそんな感じ・・・

女の子よ元気でな。そんな感じ。


196: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:23:30 ID:XYNiHop30

30分ほどマッサージしてもらった。
除霊じゃなく本当に整体をやってもらっている感じだと思えばいい。

先生「はい、終了しました。ご主人立ってみてください。」


197: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:24:12 ID:XYNiHop30

俺はゆっくり立ち上がった。
ゆっくりといや、ひょいっと立ち上がった感じがする。
俺「あれ、体が重くない。軽い。」
俺は屈伸を何回かしてみた。


198: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:25:26 ID:XYNiHop30

先生「そりゃそうですよ、女の子をずっとおんぶしてたんですもの。
軽くなったでしょう。」

丸山のおばちゃんと妻は笑顔でこちらをみて笑っていた。


199: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:26:12 ID:XYNiHop30

俺「いやあ、先生本当に体が軽いです。ありがとうございます。」
妻「よかったねえ。先生ありがとうございました」
妻の顔もほころんでいる。
俺も体というか気持ちが軽くなって、ずっと笑顔だ。


200: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:26:45 ID:XYNiHop30

先生「少しここで休んでいてください。私はちょっとトイレに失礼します」
先生は立ち上がってトイレに向かった。


201: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:28:06 ID:XYNiHop30

このトイレに行くという行為は、後で聞いた話しなんだが、
俺の悪いものを飲み込んでしまったので吐き出しているそうだ。

申し訳ないです、先生。


202: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:28:57 ID:XYNiHop30

しばらくして先生が戻ってきた。

妻が相談料を支払おうとして
妻「ありがとうございます。先生、今回は2人分でよろしいでしょうか」


203: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:29:58 ID:XYNiHop30

先生「いえ、一家族の相談料なので、3000円頂きます。」
妻と俺「すいません。どうもありがとうございました」

実は俺と妻で2時間ほど見てもらっていたんだよね、先生には悪いことをしたな。


204: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:30:35 ID:XYNiHop30

その知人の家を出て、自宅に帰り母親にそのことを話したらえらいビックリしていたな。
そして「あんな良かったね〜。よかったね〜」てずっと言ってた。


205: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:31:10 ID:XYNiHop30

妹にはメールで近況報告。
妹は「兄貴やさしそうだから女の子に取り憑かれたって、ちょっとウケルね」だって。

おまえだって、男性サラリーマンに取り憑かれたくせに。


206: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:32:06 ID:XYNiHop30

その日は一日中、家族の前で立ったり座ったりを繰り返していた。
「おおギックリ腰が直った、直った」ってね。


207: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:32:53 ID:XYNiHop30

妻と母親はそれを見て、実情を知っているものだからニヤニヤしながら
「よかったねえ」

父親は普通に「よかったなあ、今度気をつけろよ」


209: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:34:42 ID:XYNiHop30

以上、女の子に取り憑かれた俺の話でした。

第一部 完


212: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:36:08 ID:XYNiHop30

みなさん、読んでくれてありがとう。
第二部は時間があったときに書いていくね。


213: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:37:39 ID:XYNiHop30

実話か空想話かは、皆さんに判断を委ねます。
決して丸山のおばちゃんを探さないで下さい。


214: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:39:58 ID:XYNiHop30

これからは、書き溜めていないけど丸山のおばちゃんのエピソードを
簡単に紹介する。又聞きだからカンベンね。


215: 名も無き被検体774号+ 2014/01/18 19:39:59 ID:AyuIz8fK0

除霊してもらったのに腰痛持ちのままなのか


216: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:41:02 ID:XYNiHop30

>>215
それ以降、ギックリ腰にならなくなった。
丸山のおばちゃんには感謝している。


217: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:45:00 ID:XYNiHop30

「犬のお話」

あるお宅へおばちゃんが、相談の為に訪れた。
その家で飼っている白い犬がシッポを振ってじゃれてきた。
そのお宅の人は、おばちゃんが窓から見えたので、お茶の用意などをして待っていた。


218: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:47:34 ID:XYNiHop30

ところが犬が好きなのか、いつまで待っても家に入ってこない。
玄関を開けて、先生どうぞ中にと招き入れた。

先生が「あのワンちゃん可愛いですね。
ところでワンちゃんからお願いされたので聞いてくれますか」


221: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:52:17 ID:XYNiHop30

「えっ、先生犬の言葉もわかるんですか」
「ええ、それでワンちゃんからの伝言なのですけどこの家に息子さんいらっしゃいます?」
「はい、今は大学生で県外に住んでますけど。」
「今年の夏は暑い日が続いたじゃないですか。それで息子さんがワンちゃんにアイスをあげたんですって。」
「はあ、アイスを・・・ですか」
「ワンちゃん、そのアイスの味が忘れられないんですって(笑)
だから、もう一回あのアイスを食べたいんですって(笑)」

以上、犬の話。


223: 名も無き被検体774号+ 2014/01/18 19:53:13 ID:Dqqc7X800

わんこ和む(*゚∀゚)


224: 名も無き被検体774号+ 2014/01/18 19:56:10 ID:W7V+nuLrP

(∪^ω^)わんわんお!


226: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:57:32 ID:XYNiHop30

「故人の遺影の写真」

あるお宅にお邪魔したときに、先生がその家の人に聞いてきた。
「すいませんが、おじいちゃんの遺影の写真どっかに飾ってありますか」
よく田舎なんかだと、壁にズラーと故人の写真を額に飾ってあるよね。
「はい、仏壇のところに」
「ちょっとおじいちゃんが、家の人に言ってほしいって言うんです」
「はあ、亡くなったおじいちゃんがですか」
「ええ、隣に飾ってあるばあさんの写真はカラーだから、
俺の写真もカラーにしてくださいって(笑)」


227: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/18 19:59:30 ID:XYNiHop30

みんな読んでくれてありがとう。

また思い出したら書くね。


236: 名も無き被検体774号+ 2014/01/19 11:23:49 ID:SiC0M9jd0

ちょっと近所の霊能力おばさんトコ行ってくる


238: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/19 23:53:26 ID:bdcs9lM10

こんばんは、もう一つエピソードを思い出したので書いていきます。

「玄関にあるタヌキの置物」


239: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/19 23:56:15 ID:bdcs9lM10

その家には玄関に大きな陶器のたぬきの置物がある。
縁起物だよね、たぬきって。

昔からあるたぬきの置物で、小さい頃はそのタヌキに睨まれているような気がしていた。
だって、大きさが1メートルくらいある大きな置物だったから。


240: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:01:22 ID:bdcs9lM10

そこの家におばちゃんが訪れて、その家の人に言ったことなんだけど、
「あのタヌキの置物、結構前から飾ってありますよね」
「そうですね〜、随分前からです」
「あのタヌキちゃん、大事にしてあげてください。」
「はい、どうしてですか?」
「あのタヌキ、この家に入ってくる怪しい人を見張っているんですよ」
「あの置物がですか?」
「ええ、あのタヌキ、私が最初に入ってきたときも目をギロッと睨んで、
誰かねっていう感じで睨んでいたんです。」
「はあ?」
「それが最近では私が家に入ってくると、今日は何しに来たのかね?って挨拶してくるんです(笑)」


241: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:03:05 ID:bdcs9lM10

「日本人形によく魂が憑依してのりうつるって聞いたことがあるんですけど」
「ええ、あのたぬきちゃんも毎日挨拶してあげてください」

以上、タヌキの置物の話


242: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:07:46 ID:bdcs9lM10

「壷と薬用朝鮮人参と祈祷と」

俺が小さかったころ、おじさんが亡くなった。40歳という若さだった。
癌による進行で若いからすぐに体に転移しちゃうよね。
最後の病院では、手術をして体をメスで開いて、結局そのまま閉めてしまっていた。


243: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:10:26 ID:rZ4BL/IN0

そういう場合、親族としては藁をもすがる思いで色々なものに手をつけようとする。
亡くなったおじさんの奥さんもその兄弟姉妹もそうだった。
壷がいいと言われて祈祷師から買わされて、朝鮮人参を買わされて、
病室の中で祈祷もして、最後には莫大な祈祷料も払っていた。


244: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:12:27 ID:rZ4BL/IN0

まあ、もちろんそんなの効くわけも無く、おじさんは亡くなったんだ。

俺の両親は親族だけど、そういうの一切嘘だってことわかっていたから、親族を説得。
結局、莫大な授業料を払っただけだった。


245: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:13:31 ID:rZ4BL/IN0

おばちゃんに、そういう昔話をして
「先生だったら、癌とか治療できるんですか」って聞いたら、
「いえ無理です」
と即答


246: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:16:06 ID:rZ4BL/IN0

おばちゃんが言うにはあくまでもメッセージ者であって、代弁者ということ。
ただそれだけ、単に私は整骨の技術をもっているだけで皆さんの手助けをしているらしい。

「いずれにしても、そういうペテン師に支払った授業料は高くつきましたね」
って笑ってた。


247: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:18:26 ID:rZ4BL/IN0

そいうえば昔テレビでよく見ていた「オーラの泉」。
美輪明宏・江原啓之の両名も病気を治すようなことはしなかったな、
あくまでもメッセージを伝えていただけだった。
本当の人ってそういう人なのかもしれない。


248: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:20:50 ID:rZ4BL/IN0

「一日だけの回復」

そいうおばちゃんでも、人にパワーを入れることだけはできる。
俺も入れてもらったから、それはなんとなくわかる。

ある80過ぎのおじいさんの話なんだけど、ボケて寝たきりになって
自宅介護だったんだけど、家族は大変な思いをしていた。


249: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:22:53 ID:rZ4BL/IN0

そんな家族の家に行ったおばちゃん、家族からおじいちゃんを見てもらいたかったらしい。

おじいちゃんの手を握ったおばちゃん、しばらくずっとそのままパワーを入れていた。
それからおばちゃん、いつものようにトイレに行って吐き出して帰ったらしい。


250: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:25:11 ID:rZ4BL/IN0

おばちゃんが帰ったあと、ムクッと起き出したおじいちゃん、そのままトイレに行って小便をしてきた。
そして、そのまま今日は調子がいいと布団にもどり、スヤスヤと眠りだした。

ただ、その一日というか一瞬だけだったけど、元気になったっていう話。
偶然かもしれないね。


251: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:26:52 ID:rZ4BL/IN0

「お守り」

そんあおばちゃんに
「先生、お守りを買おうと思うんですけど、どこで買ったらいいですか」と質問した。
するとおばちゃんは以下のようなことを簡潔に教えてくれた。


252: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:30:01 ID:rZ4BL/IN0

1.神社で購入した方がいい(いわゆる神教の方)。
お寺は私は勧めたことがない(つまり仏教の方)
2.それからお札やお守りは自分のを買わないこと、必ず人に買ってもらうこと。
つまり夫婦だったら、それぞれが買ってあげること。


253: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:32:14 ID:rZ4BL/IN0

なるほどって感じで次回から、神社系統で買うことにしている。
できれば地元で有名な神社がいいんだって。

結局、こういうものも最後の神頼みみたいで効くかどうかっていうよりも、
その人に買ってくれた思いが重用ということらしい。


254: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:33:03 ID:rZ4BL/IN0

重用って、字間違えた。重要だった。


257: 腰痛完治野郎 ◆HUXG09iTHc 2014/01/20 00:41:49 ID:rZ4BL/IN0

あっ、それから思い出したけど、結構パワースポットっていうのが全国にある。
先生に、パワーがもらえるのは何処ですかって聞いたことがあった。
先生いわく
人があまりいかない神社の方がいい。人が多すぎるとその人の念がありすぎてダメらしい。

以前、伊勢神宮に行ってパワーをもらってきたというような話をしたときにそう言ってくれた。


259: 名も無き被検体774号+ 2014/01/20 00:52:12 ID:9BE+jPa2i

面白かったありがとう!


posted by クマ速 at 08:00 | Comment(0) | オカルト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。